IMG_0292.JPG

​尾瀬なでしこの会について

「住み慣れたこの家でこの地域で豊かに暮らしつづけたい」

皆様の想いをお手伝いするために、尾瀬なでしこの会はスタートしました。


当会の基本理念は、

「手助けを必要とする人」と「手助けができる人」とが

共に対等な関係で、地域の中でお互いに支え合おうということです。


高齢化の進む利根・沼田地域における福祉の要点は、

「歳を重ねるたびに、豊かになる生活」を如何にして実現するかということです。


そしてその実現は、「できるだけ自由に選べる地域サービスの選択肢」を

如何に私達、地域に住む一人一人が、協力し合って充実させるかにかかっています。

例えば、2000年4月から始まった介護保険制度は、主に身体介護中心のサービスであり、

話し相手や生きがいづくりなどの予防医学的なサポートを含む軽易な生活支援サービスを

充足するまでには至っていません。


行財政の悪化を考えると、今後公的な最低限度のサービスだけでは、

「歳を重ねるたびに、豊かになる生活」は望めないことは明らかです。


尾瀬なでしこの会は、17年4月から介護保険事業に、

8月からは指定居宅支援事業(支援費)等にも参入しました。

今後もNPO法人として、地域の役に立つ新しい制度やサービスを創設していきたいと考えております。

それには、多くの地域の方々はじめ、訪介護員の皆さん、利用者およびその家族の方々にも、

「歳を重ねるたびに、豊かになる生活」のイメージを共有していただき、

ご参加・ご協力いただけますようお願いいたします。


特定非営利活動法人 尾瀬なでしこの会

理事長   後藤 満里子